ニシヤンは見た!!

店員Aは、まずタオルの枚数を数え始めました。

「1、2、3、4、5・・・」

続いてプラスチック容器

「6、7・・・100円商品7点です」

店員Bはレジを打ちはじめ、店員Aは商品の袋詰を始めました。

ニシヤンは、店員Aの数え間違いに気付きましたが、他人事なのでスルーしました。
と言うよりも、さっさとレジを済ませてもらいたい気持ちが強かったのでしょう。



つづく・・・
[PR]
by sailing7 | 2008-11-10 21:34 | リアル
<< ニシヤンは見た!!! ニシヤンは見た! >>